中国亿航智能向公众推广城市空中交通 (China’s Ehang Bringing Urban Air Mobility to the Public)

自从2016年在CES消费电子展上展示了多旋翼的空中出租车以后,中国亿航智能(Ehang)在电动垂直起降飞行器(eVTOL)领域招募了越来越多的开发人员,以及试乘单座和双座自主飞行器的乘客。Since it stole the CES consumer electronics show in Las Vegas in 2016 by unveiling a multicopter air taxi, China’s Ehang has led the growing pack of electric vertical-takeoff-and-landing (eVTOL) developers. This includes flying passengers in its one- and two-seat autonomous air vehicles.

read more

オーストラリアが軍用極超音速飛行機を開発 (Australia Stepping Up Interest in Military Hypersonics Capability)

極超音速の覇権争いが中国、ロシア、アメリカの冷戦三国間で激化する中、オーストラリアは高速兵器の攻撃能力と防御能力の両方の開発への関心を高めており、監視、偵察および宇宙へのアクセスのためにマッハ5以上の速度で飛行する技術をサポートしている。

read more

MDAが極超音速の脅威に対抗し既存のミサイル適応を要請 (MDA Asked To Adapt Existing Missiles For Hypersonic Threat)

短期間の米国ミサイル防衛局(MDA)は技術が成熟するまでの間、既存の迎撃ミサイルを適用して極超音速滑空機を撃墜し、専用のグライドフェーズ迎撃機への投資を避けるべきであるとレイセオン社幹部は述べている。The U.S. Missile Defense Agency (MDA) for the near-term should apply existing interceptor missiles to shoot down hypersonic glide vehicles and avoid investing in a purpose-built, glide-phase interceptor until the technology matures, a Raytheon executive says.

read more

防衛省が戦闘機の予算に200億円を要求 (Report Says Japan Defense Ministry Seeks ¥20B For Fighter)

日本防衛省が来年度防衛費で開発に着手する次世代戦闘機の初年度要求額が、200億円(1億9千万米ドル)に上ることを防衛省関係者が明らかにしたとウェブマガジン「現代ビジネス」が伝えた。
The Japanese defense ministry wants to spend ¥20 billion ($190 million) on development of the country’s next combat aircraft in the coming fiscal year, the Gendai business magazine reported, citing a ministry official.

read more